フェチと出会い探求所 > フェチ出会い体験談 > 処女にこだわるデフロランティズム

処女にこだわるデフロランティズム

清純

なにごとも一番最初というのが新鮮で驚きや刺激に溢れていて楽しいものです。
ですからセックスにおいても処女を自分が一番最初にペニスで破瓜させることこそ、男なら誰もが一度は望むことです。

このような女のヴァージンに対する興味や、処女喪失、処女凌辱に対する欲求を抑えられないことを、専門用語ではデフロランティズムと呼びます。
略してデフロとも呼ばれるこの性的嗜好にハマってしまうと、人によってはロリコンや処女崇拝に近い偏った思想を持つまでになります。

かわいい処女はシチュで味わう

実際私は誰とも性交渉をしたことがない、まだまったく汚されていない純白の天使を信奉し、実際これまで多くの処女に恋をしてきました。
しかし現実では処女は今時どころか昭和の頃から女子大生の中にも絶対数は少なく、今ではJKやJCですらブスデブ以外は処女ではない場合が多いということを知りました。

もちろんいくら処女だからといって未成年と付き合うなんて絶対にしないし周りにもさせない私ですが、性癖として処女を愛してしまった以上、このような環境では欲求不満を重ねるだけでした。
そんな時、世の中にはシチュエーションプレイというものに熱中する男女が居り、彼ら彼女らはシチュやフェチに特化したサイトでお互いに出会いを楽しんでいることを知りました。

処女

このようなサイトの存在を初めて知った私は実際に今現在ここで出会いとお付き合いを続けているのですが、ここで私は成人女性にJKコスプレをしてもらった上で楽しむシチュエーションプレイがとても楽しいことに気づきました。
成人女性と同意の上でシチュエーションプレイをしているだけですからもちろん法的にも問題ない上に、男性経験が豊富だからこそできる上手な性的奉仕を彼女から受けることができてとても満足しています。

一人だけじゃなく二人、三人といろいろな素人女性とお付き合いして、自分が抱えるデフロという性癖を理解してもらった上で味わうセックスの素晴らしさを日々堪能しています。

現実世界では叶えることができない特殊な性癖も、特殊性癖を持つ者同士が安全を第一にプレイを楽しめば、欲望を解消できることがあるのです。
自分が抱える変わった性癖を誰かにあるがまま認めてもらいたい、より深く満足できる性生活を過ごしてみたいという人たちにこそ、フェチ専門の出会いサイトは出会い探しで必ず利用すべき場所だと思います。

カテゴリ:フェチ出会い体験談
タグ:
最終更新日:2016-07-30

汚い空気は吸いたくないから

  • 関東近郊
  • エリカ
  • 29才
  • マスクフェチ、コスチュームプレイ

汚い包茎チンポ野郎の匂いは嗅ぎたくないからマスク着用するわ。ハァハァ言いながら臭い息をかける奴は私のオマ●コ汁でキレイに浄化してあげる。包茎チンポにコンドーム被せて連続射精でゴムの中パンパンにしてあげる。

利用したい方はコチラから

第二の性感帯、穴の有効活用

アナルを使ったプレイに特化したマニア向け出会いサイト。お尻の穴で味わえるあらゆるプレイを楽しみましょう。

使ってみる