未分類カテゴリーの記事

ワルい男しか愛せない!ハイブリストフィリアな女たち

性的倒錯の一つに「ハイブリストフィリア」という、犯罪者に対して好意を抱いたり性的な興奮や崇拝したりするフェティシズムです。 良くあるケースとしては重大な罪を犯して投獄された男性受刑者に対して、一般の女性が好意的な意識で手紙やプレゼントを贈ったり、面会を希望するなどがあります。 こういった女性に対して、犯罪者の追っかけをしている人という意味の「プリズン・グルーピー」と呼ぶことがあります。 特にアメリカ等ではこういった女性の存在は珍しくなく、一般の女性が獄中結婚したり犯罪者の男性が好きで看守になる女性も居るほど。 日本でも記憶に新しい所では、2008年に逮捕された市橋達也受刑者に関して「市橋ギャル」と呼ばれる女性が現れ、 某大型掲示板では「イケメン」や「カッコイイ」などの書き込みが相次ぎました。 キッカケのほとんどが、その凶悪性や話題性からメディアに大きく取り上げられたことで認知したことにより、こうしたフェチを持つ女性が多く現れるように感じます。 凶悪な犯罪者に惹かれてしまったハイブリストフィリアな女性について、そのフェチと傾向について見ていきましょう。

なぜ犯罪者に惹かれるのか

ある意味母性と言うか、「私ならあの悪い男も変えることが出来る」と思い込んでしまった事が挙げられます。 間違った道に居る男性を、自分が正していくその過程が好きだったり、手なずけたいという気持ちが根底にある場合も。 また「良い人」といった穏やかな男性には魅力を感じず、スリリングでアグレッシブでパワフルな男性を好み、ダメだと分かっていてもジェットコースターに飛び乗るように翻弄されてみたくなる。 そういった感覚などが基本となり、罪を犯した男性に惹かれていくのです。 犯罪者に近づいたり関係を迫ることで、少なからず自身の命に危険が伴う点から、 窒息プレイや首絞めなどのフェチと同等の性的倒錯と考えられるとされており、犯罪者の人柄に惹かれたとは言い切れない理由を持つ女性もいます。

また、受刑者が犯した犯罪に関しての興味が先にあり、なぜ罪を犯したのか知りたい気持ちを恋心と勘違いしてしまう事もあるそうです。 ある意味脳の誤作動によって発生するハイブリストフィリアもあるのです。 犯罪者の社会復帰を支援する、元来誰かを救いたいという気持ちの強い支援団体に所属する女性も、救いたいという気持ちが恋心だと勘違いしてしまうケースが多々あるそうです。

いい香りから臭いニオイまで臭い大好き「匂いフェチ」に迫る

匂いフェチとはご存じの通り、異性または同性や自分などが発する匂いに対して執着や偏愛、特に性的な興奮や関心を持つ事・持つ人の事を言います。 良い匂いや香りに興奮する人もいれば、通常であれば不快に思えるようなクサい臭いまで様々な趣向があるのが特徴で、 特定の部位の匂いにしか興奮しなかったり、限定された条件や状況で発する匂いでないと興味を示さなかったりと、フェチという大きな括りでもかなり細かく分かれています。 今回はかなり奥の深い匂いフェチの世界を覗いてみましょう。

匂いフェチの区分

そもそも匂いフェチとは人間の本能に深く関わっているもの。 特に異性や他人の体臭に敏感だったり性的興奮や心身の安定を感じる事が大部分ですが、 香水やガソリン、タバコの匂いなど人工的に作られた匂いに関しての興味や関心を持つ人も匂いフェチとして挙げられます。

異性が発する匂いフェチ

男女ともに、異性が発する匂いに惹かれたり興奮したり、関心を持つというフェチの方も多く、一般的な趣向として認識されています。 女性に関しては男性の耳や首元、汗の匂いを好むフェチが多く、男性は女性のお臍やワキ、頭などに関心を持つ傾向にあります。 極端な性癖としては、一日履いたパンストや靴下の匂いに興奮したりシミのついたパンツや脇の部分が黄ばんだシャツ、 黒ずんだワイシャツの襟などを嗅ぐと言った汚れた臭いに性的興奮を覚える人もいます。 これらを汚損愛好症とも呼び、おしっこやウンチと言った排泄物を好むスカトロとの区別は結構曖昧な性的嗜好でもあります。

人工的な匂いに対するフェチ

先述のとおり、異性や他人の体臭ではない人工的な匂いに興味を示す人もいます。 代表的なものとしては、悪臭ではない独特な物、例えばガソリン、木工用のニス、柔軟剤や香水などの匂いがあります。 これらに関しては匂いを嗅いで性的に興奮することは少なく、心が落ち着いたり好みの匂いを嗅いで満たされたりなど精神的な安定を求めて嗅ぐ事が多いです。

環境の匂い

地下鉄の空気の匂い、夏の雨上がりの匂いや、おばあちゃん家の懐かしい匂いなど、場所や状況などの環境が発する匂いにもフェチはあります。 こちらも性的興奮というより精神的な気持ちに影響することがほとんど。 タバコと芳香剤が混ざった喫煙室の匂いや冷凍庫を開けた時に鼻に入る冷気の匂いなんかは、筆者は好きです。

匂いフェチの危険性

奥が深く、世界の広い匂いフェチですが、本当に異常なほど好みの匂いに深入りしてしまう人も少なくは在りません。 あまりの執着ぶりに世間からは変人扱いされるほどに本能をむき出しに匂いを求める極端な匂いフェチ。 その危険性とケースを紹介します。

匂いを嗅ぎすぎて感染症

中国では一日仕事で履き続けた自分の靴下の匂いを嗅ぎ続け、真菌感染症になって病院送りになった男性がいます。 この人は自分の靴下の強烈な臭いが好きで、毎日嗅いでいたそうです。この匂いを嗅ぐとリラックス効果がありよく寝れるようになるとの事でした。

匂いを嗅いで不審者扱い

コンクリートやセメントの匂いが好きで、地下駐車場の埃っぽいような粉っぽい匂いもたまらなく好きだった男性。 街を歩いていて建設中のビルがあれば、近くを通ってセメントの匂いを探しに行くレベルでした。 コンクリートがむき出しになっている地下や古い立体駐車場はまさに天国で、 匂いを嗅ぐためだけに頻繁に足を運んでいたら、いつの日か不振に思った周辺住民が通報。 警察の待ち伏せに合い事情聴取を受けたそうです。

人に迷惑をかけないように嗅ぐのが大事

匂いに関して、それぞれ独自のこだわりを持っている匂いフェチ。 特に一般的にクサい臭いとされている事に関して関心を持つのであれば、それなりの風当たりを覚悟しなければならない点と、他人にも迷惑が掛かってしまう事に注意しましょう。

[人気]オススメ記事

筋肉フェチ

女性の筋肉美、美BODYフェチ必見!

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング