フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

女性のいろんなニオイが好きなフェチの方の体験談

ニオイフェチ

ニオイフェチのクンカクンカさんからの投稿です。

『私は女性のニオイが大好きなんです。
特にアソコのニオイ、何日も洗ってないニオイが好きです。
ニオイだけでイクことができます。

続きを読む

冬はタイツ、ブーツフェチ向けの季節

タイツフェチやブーツフェチにとっては冬ってたまらないですよね。
ほとんどの女性はブーツやタイツをはいているんですから。

だけど、好みのブーツやタイツの女性はなかなかいません。
ブーツフェチだからって誰がどんなブーツはいていても萌えるのかというとそうでもないというか。
革でできたものや編み上げがあるものがいいとか各人の好みがあると思います。

タイツも然り。
80デニール以上の厚いタイツがいいとか、カラタイは認めないとかありますよね。

それでも、夏と比べたら格段にブーツ率は高いのでうれしいです。
靴屋さんを見てもブーツが多くて、気に入ったブーツを買ってしまいそうです。
女性にプレゼントと言って。
嘘じゃありませんからね。
今はその女性がいませんが、いつ何時ブーツ責めしてくれる女性が現れるとも限りません。
ボクみたいにフェチ系SM出会いサイトを頻繁に利用してる人だったら、なおさら可能性は高いのです。

それに女性はいなくともブーツだけでオナニーネタになります。
女性に命令されたかのようにブーツを舐め上げたり、ブーツのヒールや中を使ったり、妄想は膨らみます(*´Д`*)ハァハァ

春もまだまだブーツやタイツ女性がいるので、しばらくは楽しい日々を送れそうです。

ブーツ、ハイヒール、パンスト、網タイツ、素足で足コキ

フェチ系出会いサイトで脚のラインが素敵な写真を掲載しているS女性にメールしました。
その写真は素足で足先をこちらに向けて、今にも踏んづけてくれそうな写真でした。
そのままむしゃぶりつきたい、ニオイをかぎたい、そんなことを思いました。

しばらくしてから、返事が来ました。
S女性のやりたいことを聞いて、同調したり、メール調教なんかされました。
そして、一ヶ月が経つ頃、会って踏みつけたり、足コキしたいというメールが来ました。
もちろんOKと即答しました。

S女性にダメ元でその日にブーツ、ハイヒール、パンスト、網タイツなどを持ってきてもらえるか、お願いしてみました。
すると、ブーツやハイヒールは持って行くけど、パンスト、網タイツは破けやすいのでボクに用意してもらいたいとのことでした。
なので、パンストや網タイツを買って準備しておきました。
素足が好きなボクですが、ブーツやハイヒール、パンストも好きなんです。
S女性もせっかくなんで、いろんな責め方をしたいと言ってくれたので良かったです。

そして当日。
ボクは全裸になり、S女性にさっそく足コキしてもらいました。

まずはブーツです。
ブーツの独特のニオイ、感触がたまりません。
気持ちよくてガマン汁でブーツを汚してしまいました。
舐めてきれいにします。

次にハイヒール。
ハイヒールの尖ったヒールが食い込んで、痛気持ちいいです。

それからパンスト足です。
靴では感じられなかったS女性の体温がしっかり感じられます。
パンストのツルツルした肌触りがたまりません。
パンスト足では顔も踏んでもらいました。
自分のガマン汁がついてしまっていて、さらに興奮しました。

それから網タイツです。
パンストよりさらに素足に近付きました。
網のザラザラというんでしょうか?不思議な肌触りがいいですね。

そして、最後に素足です。
まずは顔を踏んでもらいました。
ああー、最高です。
それからペニスを踏んで足コキしてもらいました。
直に触れる肌が気持ちいいです。今まで我慢していましたが、イキそうになりました。
S女性に許可をお願いしましたが、許してくれませんでした。
それなのに足を擦りつけるのをやめてくれません。
歯をくいしばって我慢していたら、ようやく許可してくれました。
その途端、ドビュッと濃い液体が出て、S女性の足を汚してしまいました。
余韻に浸る間もなく、S女性の足を舐めてキレイにして差し上げました。
そのまま足先だけでなく足首やふくらはぎ、脛、太ももに舌を這わせ、脚全体を舐めさせてもらいました。
そうしているうちにまたペニスは勃起してきました。

S女性が唾をかけて、また足コキしてくれました。
それからまた射精してしまいました。

とっても充実して、気持ちの良かった出会いでした。
S女性にもその後、気に入られて、時々セフレのような踏む玩具のような感じでお会いさせてもらってます。

通勤時にブーツに踏まれ癒される

毎日つらい通勤の満員電車でのこと。

つらいといいつつも、冬はブーツの女性が増えるのが嬉しいですよね。
脚を覆うブーツも魅力的でフェチにはたまらない季節です。
電車を待つ間やホームを歩いている時なんかついつい目がいってしまいます。

電車内で隣に気に入ったブーツの女性が来た時は心の中でガッツポーズです。
ギュウギュウに混んだ車内で、ブーツの女性がよろめき、僕の足をヒールで踏みました
『痛いっ』心の中で叫び、同時に喜びもこみ上げてきました。

女性はすばやく体勢を立て直し、小さい声で「すみません」と言ってきました。
「いえいえ、仕方ありませんよ。」と僕も簡単に返事しました。

車内では日常にあるような光景です。

でも、僕はブーツのヒールに踏まれるのが好きな変態です。
どうせならずっと踏み続けてくれて構いません。と言ってしまいたかったです。
けど、そんなこと言えませんよね。

それだけでも十分ほんわかと癒されました。
こんなことで一日頑張ろうと思えました。

脚のきれいなS女に出会い、脚プレイに悶える

毎日、女性のを見ては癒されています。
といっても好みの脚というものがあります。
細すぎず、太すぎず、ちょうど良い肉付きの長い脚が好きです。
太ももから膝、膝からふくらはぎ、ふくらはぎから足首、それぞれの曲線が滑らかに徐々に細くなっていく脚が好きです。
色は白い方が好きです。健康的な小麦色までは許容範囲内です。
それから、脛毛も薄いほうがいいですね。できれば、脱毛していて欲しい。
ですが、カミソリで剃った剃り残しがあるのも萌えますね。
そんな脚を舐めたり、踏まれたりしたいですね。

たいてい脚に惚れて、「脚が綺麗だね。」と口説いていきます。
上手く付き合えたら、脚ばかり舐めていたり、踏んでってお願いして踏んでもらうんですが、
「私の足にしか興味ないのね。」と最終的に別れることが多いです。
ぶっちゃけ脚以外に興味ないから仕方ないです。

最近では、フェチ系の出会いサイトを利用して、女性と出会っています。
脚フェチを堂々と公言できるし、脚の写真なら抵抗無く送ってくれる女性が多いです。
脚だけしか見なくてもいいっていう女性もいます。

出会うと言わなくても、股間から頭まで踏みつけてくれます。
S女だからでしょうか。
延々と脚だけを舐めていても文句言われません。
最高ですね。

フェチにはフェチの出会い系での出会いが一番なんですね。

[人気]オススメ記事

あしすと

他の人には言えない究極のスカ癖

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]フェチ出会いサイト

フェチ出会いサイト あかちゃんといっしょ

赤ちゃんプレイ、オムツプレイ専門サイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング