フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

通勤時にブーツに踏まれ癒される

毎日つらい通勤の満員電車でのこと。

つらいといいつつも、冬はブーツの女性が増えるのが嬉しいですよね。
脚を覆うブーツも魅力的でフェチにはたまらない季節です。
電車を待つ間やホームを歩いている時なんかついつい目がいってしまいます。

電車内で隣に気に入ったブーツの女性が来た時は心の中でガッツポーズです。
ギュウギュウに混んだ車内で、ブーツの女性がよろめき、僕の足をヒールで踏みました
『痛いっ』心の中で叫び、同時に喜びもこみ上げてきました。

女性はすばやく体勢を立て直し、小さい声で「すみません」と言ってきました。
「いえいえ、仕方ありませんよ。」と僕も簡単に返事しました。

車内では日常にあるような光景です。

でも、僕はブーツのヒールに踏まれるのが好きな変態です。
どうせならずっと踏み続けてくれて構いません。と言ってしまいたかったです。
けど、そんなこと言えませんよね。

それだけでも十分ほんわかと癒されました。
こんなことで一日頑張ろうと思えました。

脚のきれいなS女に出会い、脚プレイに悶える

毎日、女性のを見ては癒されています。
といっても好みの脚というものがあります。
細すぎず、太すぎず、ちょうど良い肉付きの長い脚が好きです。
太ももから膝、膝からふくらはぎ、ふくらはぎから足首、それぞれの曲線が滑らかに徐々に細くなっていく脚が好きです。
色は白い方が好きです。健康的な小麦色までは許容範囲内です。
それから、脛毛も薄いほうがいいですね。できれば、脱毛していて欲しい。
ですが、カミソリで剃った剃り残しがあるのも萌えますね。
そんな脚を舐めたり、踏まれたりしたいですね。

たいてい脚に惚れて、「脚が綺麗だね。」と口説いていきます。
上手く付き合えたら、脚ばかり舐めていたり、踏んでってお願いして踏んでもらうんですが、
「私の足にしか興味ないのね。」と最終的に別れることが多いです。
ぶっちゃけ脚以外に興味ないから仕方ないです。

最近では、フェチ系の出会いサイトを利用して、女性と出会っています。
脚フェチを堂々と公言できるし、脚の写真なら抵抗無く送ってくれる女性が多いです。
脚だけしか見なくてもいいっていう女性もいます。

出会うと言わなくても、股間から頭まで踏みつけてくれます。
S女だからでしょうか。
延々と脚だけを舐めていても文句言われません。
最高ですね。

フェチにはフェチの出会い系での出会いが一番なんですね。

[人気]オススメ記事

あしすと

タイツ、美脚、ストッキングマニア推奨記事です!

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]フェチ出会いサイト

フェチ出会いサイト フェチナビDX

同じフェチ嗜好の異性との出会い見つかります♪あなたのフェチを教えてください。

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング