フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

ノソフィリア、病気愛好、病症性愛の方の出会い体験談

看病

ノソフィリア、病気愛好、病症性愛のともくんの天使さんからの投稿です。

『昔から、具合悪そうな人がいたらお世話するのが好きだった。
怪我して動きにくそうな人がいたら、率先して手当てしたり、支えてあげたりする。
弱ってる人が好きだった。

続きを読む

着物フェチの方の出会い系は気軽にできる体験談

着物

着物フェチのジンベエさんからの投稿です。

着物が好きすぎて、自分でも着るし、着付けもできます。
だから、付き合う女の子に着物を着せてあげたりもしてきました。
でも、着物はたまに着るのはいいけど、毎回、着るのは苦痛だといわれることも多いです。
日本文化なのに、嘆かわしい現実です。

続きを読む

フェチ出会いサイト紹介 フェチナビDX

フェチ出会いサイト フェチナビDX

オススメなフェチ系出会いサイトの紹介です。
サイト名は『フェチナビDX』。フェチのフェチによるフェチのためのサイトです。

『フェチナビ』とは姉妹サイトで、あちらは主にS系フェチ男性、M系フェチ女性が多く、
こちらの『フェチナビDX』は主にM系フェチ男性、S系フェチ痴女性が多く登録しています。

もちろん登録者はフェチ・フェティッシュな方々ばかり!
痴女性に奉仕したいMフェチ男子やマゾ男を弄びたい小悪魔S女、あなたのフェチを満たす人がきっといます。
自己紹介欄には自分のフェチ嗜好をしっかり明記しましょう。フェチ系SMの出会いも探せます。

続きを読む

4.メールのやり取りをしよう

前回の記事でメールを送った後、一週間くらいは返信が来るか来ないか、様子を見てください。
相手が忙しいこともありますし、女性は男性よりメールが来る量が多いので、返信が遅くなりがちです。
一週間経っても返信が無かったら縁が無かったと諦めましょう。

返信が来た場合は、その内容次第で返事を書きましょう。
質問にはきちんと答えて、その質問から疑問があれば相手に聞きましょう。
なるべく早く返信した方がいいですが、なるべく一日以内に返信できると良いでしょう。
返信する時もメールを送る前にもう一度内容を確認してから送信しましょう。

何回か相手からメールが来ると、
相手の都合の良い時間やメールの頻度、メール内容から相手の人柄などがわかってきます。
メールの頻度や都合の良い時間帯はあなたが合わせられるなら、なるべく合わせましょう。

そして、メールのやり取りをする内にこの人とは合わないなと感じたら、
何も言わずにメールのやり取りをやめるのではなく、一言断りを入れましょう。
逆に相手から断られたり、音信不通になった場合は、潔く諦めて、次の出会いを探しましょう。
しつこくメールしても嫌がらせにしかなりません。

また、自分のプロフを見て、相手からメールが来ることもあります。
その場合はまずは「メールありがとうございます。」と感謝の気持ちを入れると良いでしょう。
あとは普通のメールと同様に質問に答えたり、新たに質問したりしましょう。


次の記事を読む / 目次へ戻る / 前の記事を読む

オススメ関連記事

2.プロフ写真を撮ろう

ある程度、自分のPRを書いたなら、次にプロフィールに載せる写真を撮りましょう。

通常、女性は顔だけで判断することはあまりありませんが、出会いサイトという特殊な環境では、貴方の情報の重要な要素となってきます。
なるべくかっこよく女性受けの良い写真を載せるのがいい出会いへの近道です。

どうせ写真写り悪いし……と諦めて、適当な写真を載せようとしていませんか?
これではますますダメです。

女性は携帯のカメラで詐欺写真をよく撮っています。
それを応用して、我々男性陣も詐欺写真を撮りましょう!

具体的な撮り方は
髪型や顔の手入れは済ませておきましょう。(大前提ですね)

まずは家で一番明るい部屋に行きましょう。
太陽光は影が暗くなりすぎるので、蛍光灯で十分です。
次にコピー用紙や白いハンカチなど、膝に置ける程度の白いモノとイスを用意してください。
下準備は以上です。

明かりの真下にイスを置いて、そこに座ってください。
膝の上に白い物を置いて、携帯を手ブレをしないよう片手でしっかり持ちながらリラックスして深呼吸してください。

そして、アゴを少しひき、鼻から息を吸いながら目の周りの力を抜き、ある程度吸ったところで息を止め撮影します。
これは顔の輪郭をシャープに見せる為と、自然に目を大きく開けることができる裏ワザです。
目を大きく開けようとしておでこにシワが入ってしまった経験がある方にはオススメです。
(証明写真を撮る時にも利用できますよ。)

撮影方法は、なるべく腕を伸ばし携帯を離すようにして上、下、斜めなど色んな角度から失敗を恐れず撮りまくります。

上のやり方で上手に写すことができなかった場合は、撮影までの流れは同じで、カメラの角度にポイントをおきます。
少し斜め上、もしくは斜め下気味で、顔の片面をドアップ気味に写るように携帯を構えます。

そして、顔の縦を全体を写すのではなく上下のどちらかを少しカットする感じで撮影すればいい感じに写すことができますよ。

たくさん撮って、その中から一枚いいものを選びます。
数うちゃ当たる作戦です。


次の記事を読む / 目次へ戻る / 前の記事を読む

オススメ関連記事

2 / 41234

マッチング率上昇中のSNS

[人気]オススメ記事

脚フェチ

デルタゾーンって知ってますか?

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!