未分類カテゴリーの記事

ワルい男しか愛せない!ハイブリストフィリアな女たち

性的倒錯の一つに「ハイブリストフィリア」という、犯罪者に対して好意を抱いたり性的な興奮や崇拝したりするフェティシズムです。 良くあるケースとしては重大な罪を犯して投獄された男性受刑者に対して、一般の女性が好意的な意識で手紙やプレゼントを贈ったり、面会を希望するなどがあります。 こういった女性に対して、犯罪者の追っかけをしている人という意味の「プリズン・グルーピー」と呼ぶことがあります。 特にアメリカ等ではこういった女性の存在は珍しくなく、一般の女性が獄中結婚したり犯罪者の男性が好きで看守になる女性も居るほど。 日本でも記憶に新しい所では、2008年に逮捕された市橋達也受刑者に関して「市橋ギャル」と呼ばれる女性が現れ、 某大型掲示板では「イケメン」や「カッコイイ」などの書き込みが相次ぎました。 キッカケのほとんどが、その凶悪性や話題性からメディアに大きく取り上げられたことで認知したことにより、こうしたフェチを持つ女性が多く現れるように感じます。 凶悪な犯罪者に惹かれてしまったハイブリストフィリアな女性について、そのフェチと傾向について見ていきましょう。

なぜ犯罪者に惹かれるのか

ある意味母性と言うか、「私ならあの悪い男も変えることが出来る」と思い込んでしまった事が挙げられます。 間違った道に居る男性を、自分が正していくその過程が好きだったり、手なずけたいという気持ちが根底にある場合も。 また「良い人」といった穏やかな男性には魅力を感じず、スリリングでアグレッシブでパワフルな男性を好み、ダメだと分かっていてもジェットコースターに飛び乗るように翻弄されてみたくなる。 そういった感覚などが基本となり、罪を犯した男性に惹かれていくのです。 犯罪者に近づいたり関係を迫ることで、少なからず自身の命に危険が伴う点から、 窒息プレイや首絞めなどのフェチと同等の性的倒錯と考えられるとされており、犯罪者の人柄に惹かれたとは言い切れない理由を持つ女性もいます。

また、受刑者が犯した犯罪に関しての興味が先にあり、なぜ罪を犯したのか知りたい気持ちを恋心と勘違いしてしまう事もあるそうです。 ある意味脳の誤作動によって発生するハイブリストフィリアもあるのです。 犯罪者の社会復帰を支援する、元来誰かを救いたいという気持ちの強い支援団体に所属する女性も、救いたいという気持ちが恋心だと勘違いしてしまうケースが多々あるそうです。

元カレが踏みつけフェチだった事を知った時の話。

以前付き合っていた男性は、踏みつけフェチなちょっと変態な人だった。
高校を卒業し、大学入学の際に入ったサークルで知り合った先輩。
もともとバスケをやっていたらしく、背の高い大柄な人で初対面こそ威圧感を感じましたが誰にでも明るく、ちょっと天然なところがかわいくて最初に好きになったのは私の方からでした。
その年に自然とその先輩と付き合うことになり、私は実家から通っていましたが彼氏は一人暮らしをしていたので休みの日は基本泊まりに行き、
バイトなどで遅くなった日も泊めてもらうなど半同棲のような付き合いをしていました。
彼氏は頭もすごく言いワケでもない並みな成績だけど、運動神経はよくて、 天然でどこか他人とは違う雰囲気だとは思っていましたがそこを好きになったのは事実です。

でも、ある時決定的に他人とは違うと思わされた出来事がありました。
まだ半袖でも過ごせる気温の9月の土曜日、いつものように彼氏の家へ泊りに行き、 夕飯やお風呂も済ませて他愛もない話の後、デザートに買っておいたプリンを一緒に食べようとお皿に移してもっていく際、 平たいお皿をちゃんと水平に持っていなかったことからプリンが滑り落ちて床にベチャ!
落としちゃった!とは思ったのですが、そのまま素足で墜ちたプリンを踏んでしまいました。
あーあとため息つきながら、彼氏に謝ると、
「大丈夫。それ食べたい」
おいおい、もったいない精神はわかるけど、床に落ちて砕けて、さらに私が踏んでグロくなってるのに食べたいなんて笑
冗談であってくれと思ったのですが、彼氏の顔はガチ。
手を使わずにぐっちゃぐちゃになったプリンを啜り始めました。
突然の行動に私はドン引きです。
プリンを踏んでギトギトになった方の足をちょっと宙に浮かせて、片足立ちで驚愕しながらも茫然とその姿を眺めているだけでした。

うわぁ、マジかよ、と突っ立っていると彼氏が私のプリンまみれの足をじっと眺めています。
まさかね、と思うスキも与えず、
「舐めていいの?」
と。
なんだよ、舐めていいの?って笑
100歩譲って舐めさせて?なら分かるけど、なんだよ舐めていいの?って笑笑笑

ハっと気付いたように私はプリンまみれの足を後ろへ隠すように引き、
「ごめんちょっとそれは無理」
とリアル目に拒否しました。

一通り掃除してお風呂も入りなおして、いったんさっきの事を整理しようと、彼氏と話をしてみると、 どうやら女性が素足で食べ物をぐちゃぐちゃに踏みつける所に興奮するのだと。
特にプリンやゼリーなど、踏んだ瞬間に足の指の間からぐにゅにゅってせり出される瞬間が最高に抜けるしその無残な残骸を口の中で愛撫したいと。

天然だし、他人とは違う人だなとは感じていましたが、こういうぶっ飛んだ面があったなんて。
言うまでもなく、その日から私はフリーになりました。

『圧迫プレイ』苦しみによる快楽はあるのか?

「苦しいと思っている最中に快楽を感じることはあるのか?」
なんてことを聞かれますが、私はこれをわかりやすく説明するのにマラソンを例えに使います。
一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか。「苦しい」を通り越すと「楽になる」という経験をしたことはありませんか?走っていると息も切れて体もダルくなって、もうやめたい!という気持ちが全身を駆け巡りますが、それを耐えて走っているとなんだか楽になる瞬間が来る。走ってる時間も距離もさっきより長いのにさっきよりも体が楽で走れる。
苦しみの中の快楽とはそんな感覚に似ていると私は思います。

圧迫プレイといっても色んな圧迫の仕方があります

私は変態マゾ男なので、女性のおっぱいやお尻など体で押しつぶされるプレイが好きだったりします。
圧迫になるのかどうか微妙ですが、アナルバルーンで直腸を内から圧迫するプレイも好きな人は好きです。内からくる圧迫はアナルバルーンでしか味わえないと思います。
究極には圧縮パックで全身を密封するプレイも好きです。一般的にいられている布団の圧縮袋ではなく人を入れる用の圧縮袋です。空気口があるので呼吸困難になることはないです。

圧迫プレイの気持ちよさ

圧迫プレイの良さとはナニ?と聞かれたら、私は、あの圧迫されて動きが取れない不自由さに安心するんだと思います。真空パックのときはちょっと恐怖もあります。どんどん締め付けれれる感じは恐怖ですが、体を押し当てて圧迫する場合も真空パックの場合、マラソンと同じの苦しみの先にある急に来る楽さと、圧迫される安心感。たぶん胎児の感覚の名残ではないかと勝手に思っています。

子供の頃の遊びで、雪の中にもぐって顔だけ出しているツーンとした静けさや布団にもぐって苦しいけどなぜか気持ち良く感じるのと同じで、苦しいけど楽で安心で落ち着くのです。

そこに大人の快楽が加わり、外から道具責めに合ったり、体を触られたりつねられたりと悪戯される気持ちよさも加わって、好きな人はとてもハマってしまうプレイだと思います。

[人気]オススメ記事

ぬるぬるフェチ

ぬるフェチはぜひ読んでください

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング