フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

ファーコートはエロの象徴

エロファーコート

世の男女の多くがあまりファーコートのエロさに強く感心を持たないことに、ファーコートフェチの私は強い悲しみを覚えます。
ファーコートはとても豪華で官能的な見た目をしていながら、感触もまたやらかくて滑らかなため、よりディープでマニアックなプレイに活用しやすいものなのです。

実際特殊素材フェチ専門の出会いサイトでは、ファーコートを着たまま行う変態プレイが大人気です。
私もこの間このてのサイトで出会った女性とプレイを行いましたが、全裸にファーコートを着た女を強く抱いて感触を楽しんだり、何度も中出しファックをするのはとても楽しかったです。

続きを読む

毛皮が大好きな毛皮フェチの方からの体験談

毛皮

毛皮フェチのふわふわスフレさんからの投稿です。

『幼いころ、母のフォックスの襟巻きが好きでした。
子供だったから、イタズラされるのも困ると隠されて、なかなかお目にかかれませんでしたが、
毎年冬の楽しみでした。
母がフォックスの襟巻きを付けた時には触らせてもらいました。
すごく手触りがよくて気持ちよかったです。

続きを読む

毛皮・ファー

毛皮フェチ

毛皮・ファーへの性的嗜好です。
毛皮姿、毛皮そのものに対する偏愛・執着を見せるフェチです。
毛皮の動物、色、長さ、製品などにこだわりのある人もいます。
手触りの良さや暖かさ、見た目の美しさ、元は動物がまとっていた毛を人間が纏うことに性的なものを感じます。

プレイとしては相手に毛皮を着てもらったり、自分で着たり、着衣や全裸セックスや好みのプレイをします。
一人でする場合は毛皮を見ながらだったり、自分で着たり、こすりつけたり、包まれたりなどします。

毛皮となる動物は、ラビット(ウサギ)、フォックス(キツネ)、ラクーン(アライグマ)、ミンク、タヌキ、チンチラ、ムートン(羊)などです。
毛皮製品はコートやマフラー、手袋、ブーツ、帽子などに加工されます。
こうしたリアルファーだけでなく、フェイクファーもフェチの対象となります。

近年では、フェイクファーが主流となっていますが、毛皮フェチの方はリアルファーを好む傾向にあります。
リアルファーは手入れをきちんとすれば、長く使えます。

また、動物に対して性的に魅力を感じる動物性愛とはあまりかぶらないようです。
毛皮フェチの人は毛皮だけに魅力を感じるようです。

[人気]オススメ記事

スカトロフェチ

他の人には言えない究極のスカ癖

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング