フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

ラバー奴隷の股コキ画像を撮影しました

SMとゴムを好む私は、自室の壁に普段からガスマスクを掲げているくらいの真症変態です。
ですから性生活も変わっていて、今のところ一人のラバー奴隷と名付けた全身ラバースーツの女を家で飼育しています。

もちろん監禁と言っても成人男女が合意の上でプレイとしてやっているに過ぎませんが、これがなかなか刺激的な生活が送れるのでハマっています。
こういった過激な性生活を共有できる異性とは、今時はSM専門の出会いサイトを使えば比較的かんたんに出会えるので助かっています。

おかげさまで今の私はゴム奴隷女にSM用の首輪を着けたりフルフェイスマスクを被せたりしつつ、全身愛撫や素股、アナルセックスやイラマチオといったハードSMプレイを楽しんでいます。
こういったプレイを続けていると段々と他のゴムフェチ愛好者たちと快楽を共有したくなるもので、最近はラバー奴隷の股コキ画像を撮影してそれをフェチ掲示板で共有したりして楽しんでいます。

こうやって彼女との生活は単なる性欲解消、性生活の充実だけでなく、日々の趣味やストレス発散にも役だってくれているためとても嬉しく思っています。
自分が持っているゴムを愛する感情やSMに対する情熱をストレートに表現し、より楽しい生活を続けていきたいなら、まずは一度同好の友や異性が多い出会い系で本気の出会い探しを始めてみてほしいと思います。

アクロトモフィリアに愛される覚悟

アクロトモフィリア

アクロトモフィリアと呼ばれる手足切除者愛好を持つ人とは、ある程度注意して付き合っていく必要があります。
特にこういった性癖を持つ人はテンションが高くなり過ぎると、セックスパートナーの手足を削ぎ落としたくなる場合があります。

これは私自身がそういった性癖を持っている人間だからこそ言えることで、私はいつもそういった過激でスプラッターな欲求を抑え込むのに苦労しています。
だからこそ、私のような男は緊縛調教によってパートナーの手足を完全拘束することがとても重要になっているのです。

続きを読む

ディスモーフォフィリアは社会の良心

ディスモーフォフィリア

日本語訳すると奇形性愛と呼ばれるディスモーフォフィリアは、まさに社会の中に生まれる良心のひとつだと私は思うのです。
私自身がディスモーフォフィリアなので自分で言うのも何ですが、私のような男が居る事で世の中のブス女は皆救われていると思うのです。

現に私のような奇形性愛者にでも愛されたいと願う変態女性が特殊性癖専門サイトでは見つかるものです。
こういった状況があるから私は昨日も奇形と呼べるくらいブスな女をハードSM調教で躾けてやることができました。

続きを読む

ヘマトフィリア

血

に性的興奮を感じるフェチです。
血液嗜好症、嗜血症あるいは淫血症ともいいます。
血液に対して性的渇望を覚えるようになります。

血を飲んだり、血を見ると興奮したりします。
血は主に自分の血を飲みますが、他人に提供してもらうこともあります。
血を出しすぎると貧血や傷口からの感染症の可能性もありますので、十分に注意しなければなりません。また、興味本位ではやらないでください。

続きを読む
2 / 212

[人気]オススメ記事

脚フェチ

デルタゾーンって知ってますか?

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング