フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

叱られ好きの変態ハミロフィリア

ハミロフィリア

信じられないかもしれませんが、私は男性に叱られ説教されることで濡れてしまう変態です。
たとえば普段事務員として働いている私は、会社で自ら進んでミスをして上司に激怒されることにハマっています。

取引先との契約書類を失くしてしまったと嘘をついたり、FAXやメールの送信をわざと忘れたりするのです。
そうすると上司は私を呼び出して激怒し、その強い口調と憤怒の顔を見て自分が惨めに感じられてなぜか下半身がびっしょりと濡れてしまうのです。

続きを読む

神聖なるヒエロフィリア体験

ヒエロフィリア

特にこれまで神に仕えたりなにかを信奉したりした経験がない、宗教とは無縁の女であった私。
そんな私が実はヒエロフィリア、つまり宗教的なモノやシンボルに性的興奮を覚える特殊性癖を持っていることに気付いたのは最近のことです。

ある日敬虔なクリスチャンである友人が私を教会での礼拝に誘ったことがあり、私は興味本位で大きな祭壇のある教会を訪れました。
そこで私は大きな十字架とイエス像を見たのですが、これを見た瞬間に身体に電流が走るような気がして、その美しさに心奪われ、妙に興奮してしまったのです。

続きを読む

ディスモーフォフィリアと生きること

ディスモーフォフィリア

いわゆる奇形性愛というものに私はカテゴライズされるようです。
別名ディスモーフォフィリア、ボディ・ディスモーフィック・ディソーダーとも言うこの性愛は、奇形の人間を愛するという一見すると不気味な趣味です。

けれど私自身は極めて真面目で、私が奇形を愛するのは物珍しさとか軽い興味からではありません。
あくまで私はな形をした身体、そして顔に強く惹かれ、それに性欲や安心感、親近感を感じてしまうのです。

続きを読む

4.メールのやり取りをしよう

前回の記事でメールを送った後、一週間くらいは返信が来るか来ないか、様子を見てください。
相手が忙しいこともありますし、女性は男性よりメールが来る量が多いので、返信が遅くなりがちです。
一週間経っても返信が無かったら縁が無かったと諦めましょう。

返信が来た場合は、その内容次第で返事を書きましょう。
質問にはきちんと答えて、その質問から疑問があれば相手に聞きましょう。
なるべく早く返信した方がいいですが、なるべく一日以内に返信できると良いでしょう。
返信する時もメールを送る前にもう一度内容を確認してから送信しましょう。

何回か相手からメールが来ると、
相手の都合の良い時間やメールの頻度、メール内容から相手の人柄などがわかってきます。
メールの頻度や都合の良い時間帯はあなたが合わせられるなら、なるべく合わせましょう。

そして、メールのやり取りをする内にこの人とは合わないなと感じたら、
何も言わずにメールのやり取りをやめるのではなく、一言断りを入れましょう。
逆に相手から断られたり、音信不通になった場合は、潔く諦めて、次の出会いを探しましょう。
しつこくメールしても嫌がらせにしかなりません。

また、自分のプロフを見て、相手からメールが来ることもあります。
その場合はまずは「メールありがとうございます。」と感謝の気持ちを入れると良いでしょう。
あとは普通のメールと同様に質問に答えたり、新たに質問したりしましょう。


次の記事を読む / 目次へ戻る / 前の記事を読む

オススメ関連記事

[人気]オススメ記事

あしすと

ぬるフェチはぜひ読んでください

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]尿漏系出会いサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!

アクセスランキング