カテゴリーの記事

パートナーとおもらしプレイ・野外編

パートナーとのおもらしプレイ・野外編です。
屋内編と違う点を説明していきます。

人の多い所ではオムツを使用しましょう。
おもらしの醍醐味ともいえる服におしっこが染みる状態が見れませんし、
おもらししているパートナーを多くの人に見せたいとは思いますが、
周りの方の迷惑を考えて、パートナーを守るためにもオムツにしましょう。

逆に自分だけがおもらしの目撃者になればいいのであれば、人気のないところに行っておもらしプレイをしましょう。
飲み物や着替えは持って行きましょう。

おもらしさせる時の体勢にこだわりがある人は指示しましょう。
椅子に座らせたい場合は公共のベンチではなく、折りたたみ椅子などを持参しましょう。
立ったまま、座ったまま、和式トイレにしゃがんだ格好(下着はおろさない)など、好みがあると思います。

野外ですので、自宅やホテル内よりも予期しないトラブルが発生しやすいです。
何か起きそうな時、起こった後にはプレイを中止してください。

以上のことに注意して、おもらしプレイを楽しみましょう。


次の記事を読む / 目次へ戻る / 前の記事を読む

オススメ関連記事

パートナーとおもらしプレイ・屋内編

今度はパートナーがおもらしするプレイについて説明します。
自宅やホテルなどでおもらしプレイする場合です。

パートナーがいる方はその方におもらししてもらいましょう。
いない方はフェチ系出会いサイトなどでパートナーを見つけましょう。

パートナーとおもらしプレイをする日には、パートナーに朝からトイレに行かないでいてもらうと良いでしょう。
おもらしプレイをする時間にもよりますが、朝~昼ごろに会うならその方が早くおもらしできると思います。
パートナーには汚れてもいい服を持ってきてもらうようにしましょう。
女性は特にお気に入りの服や下着は汚したがりません。
おもらしプレイ時のみ着替えさせると気の利く人と思ってもらえます。
その服は自分好みのコスチュームにしても良いです。
制服や幼児のような服などパートナーもOKなら着てもらいましょう。

自宅なら汚しても構わない方もいると思いますが、汚したくない方やホテルなどを利用する場合にはおもらし用のシーツやペット用のシーツを敷きましょう。
いつおもらししても大丈夫なように早目に用意しましょう。

パートナーになるべくたくさんの飲み物を飲んでもらいます。
炭酸はお腹が膨れやすいので、除外しましょう。
利尿作用の強いお茶やコーヒーなどがオススメです。

すぐにトイレに行きたがる場合は、両手を後ろで縛りましょう。
縛るといっても緩めにしましょうね。
手錠でもかまいません。
後ろ手にするだけで、トイレに行ったとしてもパンツをおろせませんので、確実におもらしさせることができます。
この場合は自分がパートナーに飲み物を飲ませてあげましょう。
こぼさないようにするにはストローがあるといいですね。

そのうちパートナーはオシッコしたくてたまらなくなります。
脚に力を入れて閉じたり、股間を押さえたりするようになったら、オシッコ我慢している時です。
そうやってオシッコ我慢をしている様子を楽しみましょう。
慣れてないうちはトイレに行きたがりますが、押しとどめましょう。

人前でおもらしするのは恥ずかしいです。
なかなかおもらししない場合は、お腹を押したり、下半身を撫でたりしておもらしさせてしまいましょう。


次の記事を読む / 目次へ戻る / 前の記事を読む

オススメ関連記事

自分でやる野外おもらしプレイ

次は自分が外でおもらしするプレイをしましょう。
野外なので、オムツは必須です。

ですが、オムツなしでプレイしたい場合は着替えを持参しましょう。
また、他人に迷惑のかからない場所でおもらしするようにしましょう。
そして、片付けをきちんとしましょう。
人の多いところで羞恥を楽しみたいのはわかりますが、周りの方々に迷惑がかかりますので、絶対にやめましょう。

基本的には自宅でおもらしプレイと同じで水分を大量に取り、ひたすらトイレに行かないで我慢します。
オムツを履いて、外出するのが違う点でしょうか。

外ですので、ファミレスなどのドリンクバーを利用するのも良いでしょう。
いろんな種類のドリンクが飲めますし、自分で多くのドリンクは持ち歩きにくいですからね。

飲みながら歩いて、自販機やコンビニを見つけたら新しいドリンクを買うのも良いでしょう。
ただ、田舎だと自販機やコンビニ自体が少ないですから、見つからない可能性もあります。
また、歩き回るとその分汗で水分が出てしまうので、オシッコしたくならないかもしれません。
車で自販機やコンビニ巡りをするのも良いでしょう。

トイレに行きたくなってもできるだけ我慢します。
そして、我慢の限界にきたら、おもらししてしまいましょう。
外でオムツをしているのなら、どこでだって問題ありません。
人の多いところでこっそりとおもらし、自分だけが知っている秘密の楽しみです。


次の記事を読む / 目次へ戻る / 前の記事を読む

オススメ関連記事

おしっこ姿を見るのが好きな方からの体験談

おしっこ姿

おしっこフェチの鈴木さんからの投稿です。

『思えば昔から女の子のオシッコ姿に萌えてました。
幼馴染の女の子とはオシッコ姿をお互いに見せ合ったりしてたんです。
おまんこのワレメからオシッコが出てくる様子は子どもながらに不思議でしたね。
女の子のオシッコの穴はその時に見せてもらいました。
まだ幼かったから恥ずかしいという思いもなかったんです。
その子とは引越しをきっかけに離れ離れになりました。
いい思い出です。

続きを読む

初心者向け!自宅でおもらしプレイ!

おもらしプレイ

簡単にできる自分でおもらしするプレイについてです。
まずは自宅でおもらしする場合について説明します。

一人暮らしの場合は特に気にする必要もありませんが、
家族と同居の場合は家族のいない時を見計らうか、自室に閉じこもっていても問題のない時間などにしましょう。
おもらしプレイをしているなんて知られたくありませんよね。

続きを読む
4 / 512345

[人気]オススメ記事

ぬるぬるフェチ

ぬるフェチはぜひ読んでください

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!