フェチ出会い体験談カテゴリーの記事

雨風大好きゴム長靴フェチ

ゴム長靴

最近は雨風が強まることの多い季節の変わり目ですが、皆さま風邪をひかずに健康に過ごせていますでしょうか。
私はと言いますとゴム長靴フェチという変態的な性癖を持っているがゆえに、最近の天気の不安定は実はありがたく思っていたりします。

暴風雨がやってきて多くの女性が最近流行りの洒落た長靴を履き始めると、私はその見た目とそこから感じる匂いや、想像できる特殊プレイに胸を高鳴らせてしまうのです。
こういった特殊すぎる性癖も、ラバーフェチやサテンフェチの方々が集まるサイトでなら理解を得ることができるため本当に助かります。

続きを読む

おしがまフェチの女の子からの体験談

おしがま

おしがまフェチのおしっ子さんからの投稿です。

『こんにちは。はじめまして。
おしっこ我慢が大好きな女の子です。

私はおしっこを我慢するのが大好きで、よく我慢しちゃいます。
バイト先では未だにトイレに行ったことがありません。
デートも絶対にトイレには行きません。
彼氏にトイレ行きたいなんて恥ずかしくて言えません。
最大14時間我慢したことあります。

続きを読む

赤ちゃんのようになりたいオムツフェチの方の体験談

おむつ

おむつ、おしめに異様に反応してしまうというおむつフェチの清人さんからの投稿です。

『ぼくはおねしょ癖がなかなか治らなくて、中学生くらいまでおねしょをしていました
あまりにもおねしょをするので、オムツをして寝ることが多かったです。
その時からオムツに対して一種の性的興奮を感じていました。
子どもの頃とはいえ、何か後ろめたくいけないことをしていると思っていましたが、オムツをしてその中に排泄することに喜びを感じていました。
だから、おねしょの癖が抜けなかったんですけどね。

続きを読む

ナプキンマニアの男が生理女性に懇願する

ナプキン

世の中にはあまた数多くあるフェチですが、
僕はその中でもかなり特異な生理マニアです。

女性の生理に興奮したことはありませんか?
僕は生理のときのあの血の生臭い感じがたまりません。

半年前こんな変態なフェチを許してくれる女性と出会いました。
その女性とは生理のときにしか会いません。
僕は彼女に会うたび懇願してナプキンをもらいます。

続きを読む

ドMな男性マゾに人気の足プレイ体験談

足は人が移動する際に必ず用いる身体の部位ですから、ここは常に酷使して当たり前の部分と言って差し支えないものでしょう。
ですから脚は毎日風呂に入ったりシャワーを浴びて清潔にしない限り、毎日無意識のうちに汚れが溜まっていってしまうものです。

なので当然女性であればここを清潔に保つのが一つの嗜みと言えると思います。
しかしこれはテレビ番組や雑誌の特集などでも取り上げられることが多い事実ですが、女性の中には足を清潔に保っていない人というのが少なからず存在します。

とりわけ90年代に流行ったルーズソックスなどに慣れた世代は靴下もなかなか洗わなかったり、さらにはデニムにこだわる層などは洗濯自体をなかなか行わないということも多いようです。
そういったような状況は世間一般の観点から見ればただただ不潔なことにしか思えないことと思いますが、実際のところそのような不潔な状態の脚を好む男性マゾというのが存在し、そのての汚れや匂いにこだわるマゾ男性は足フェチ男性の大部分を占めていたりします。

強い脚を好む人たち

さらに足フェチな男性の中で目立つ存在として挙げられるのは、女性の脚に強さや逞しさを求める人たちです。
冒頭に書いたように足は男女問わず日々酷使するもので、よく家事に励む専業主婦の女性や、仕事柄外周りが多い女性などは上半身に反して下半身が程よく逞しく整った形をしていることが多いものです。

程よい運動は体を美しいフォルムに保つというのは誰でも知っていることだと思いますが、実際にそうやって脚の形を美しくキープしている女性に惹かれる男性も足フェチの一人と言えるでしょう。
また、ボディビルダーのように全身を鍛えて筋肉を体中に付けることに情熱を燃やしている女性の脚に惹かれる層も実は少なくないもので、実は女性の足に強さを求める足フェチ男性も多いことを知っておくと良いでしょう。

強烈な足蹴りを求めた末の体験談

ここまでにご紹介したような足フェチのほとんどを理解できて、女性の足の素晴らしさを自分なりに話せるような男性にとって、究極の脚フェチプレイとは何が挙げられるでしょうか?
足コキや脚舐めなどのプレイはたしかに人気ではありますが、実は足フェチを極めた男性の多くは足蹴りプレイに目覚めることが多いようです。

特にマニアックな人はよく鍛えられた女性の足に、陰茎や陰嚢などの敏感な部位を蹴り上げてもらいたいと考えている場合が多いようです。
自分自身が本当に好きなものから過激な刺激を受けることは、通常痛みを感じるものだったとしてもそれは悦びの一つである。

などという風に考える人も多いですから、足蹴りに強い興味と興奮を覚える男性が多いことも大して変わったことでもないと言えます。
しかしもちろん足で陰部を蹴り上げるということは激しい痛みを覚えることですから、これを実際に受けた人の体験談は壮絶なものになりがちです。

私の知り合いの足フェチ男性などは、数日間洗っていないムキムキの脚から全力で金的蹴りを食らったことで一時気を失うような体験をしたそうです。
足フェチのみならず自分自身が理解しているフェティシズムに正直になって、より過激なフェチプレイを楽しもうとすることは悪いことではありません。

しかし身体に支障を来すようなプレイはそれに関わる人全てにとって良いものではないため、くれぐれも自己責任で上手く安全を保ちながら楽しんでいくようにしましょう。
そういった最低限の安全やマナーを覚えていれば、今どきは専門サイトさえ使えば足フェチに理解のある女性との出会いを得ることも比較的かんたんであるということも覚えておいてほしいと思います。

足蹴りしてくれる人を探しにいく

元カレが踏みつけフェチだった事を知った時の話。

以前付き合っていた男性は、踏みつけフェチなちょっと変態な人だった。
高校を卒業し、大学入学の際に入ったサークルで知り合った先輩。
もともとバスケをやっていたらしく、背の高い大柄な人で初対面こそ威圧感を感じましたが誰にでも明るく、ちょっと天然なところがかわいくて最初に好きになったのは私の方からでした。
その年に自然とその先輩と付き合うことになり、私は実家から通っていましたが彼氏は一人暮らしをしていたので休みの日は基本泊まりに行き、
バイトなどで遅くなった日も泊めてもらうなど半同棲のような付き合いをしていました。
彼氏は頭もすごく言いワケでもない並みな成績だけど、運動神経はよくて、 天然でどこか他人とは違う雰囲気だとは思っていましたがそこを好きになったのは事実です。

でも、ある時決定的に他人とは違うと思わされた出来事がありました。
まだ半袖でも過ごせる気温の9月の土曜日、いつものように彼氏の家へ泊りに行き、 夕飯やお風呂も済ませて他愛もない話の後、デザートに買っておいたプリンを一緒に食べようとお皿に移してもっていく際、 平たいお皿をちゃんと水平に持っていなかったことからプリンが滑り落ちて床にベチャ!
落としちゃった!とは思ったのですが、そのまま素足で墜ちたプリンを踏んでしまいました。
あーあとため息つきながら、彼氏に謝ると、
「大丈夫。それ食べたい」
おいおい、もったいない精神はわかるけど、床に落ちて砕けて、さらに私が踏んでグロくなってるのに食べたいなんて笑
冗談であってくれと思ったのですが、彼氏の顔はガチ。
手を使わずにぐっちゃぐちゃになったプリンを啜り始めました。
突然の行動に私はドン引きです。
プリンを踏んでギトギトになった方の足をちょっと宙に浮かせて、片足立ちで驚愕しながらも茫然とその姿を眺めているだけでした。

うわぁ、マジかよ、と突っ立っていると彼氏が私のプリンまみれの足をじっと眺めています。
まさかね、と思うスキも与えず、
「舐めていいの?」
と。
なんだよ、舐めていいの?って笑
100歩譲って舐めさせて?なら分かるけど、なんだよ舐めていいの?って笑笑笑

ハっと気付いたように私はプリンまみれの足を後ろへ隠すように引き、
「ごめんちょっとそれは無理」
とリアル目に拒否しました。

一通り掃除してお風呂も入りなおして、いったんさっきの事を整理しようと、彼氏と話をしてみると、 どうやら女性が素足で食べ物をぐちゃぐちゃに踏みつける所に興奮するのだと。
特にプリンやゼリーなど、踏んだ瞬間に足の指の間からぐにゅにゅってせり出される瞬間が最高に抜けるしその無残な残骸を口の中で愛撫したいと。

天然だし、他人とは違う人だなとは感じていましたが、こういうぶっ飛んだ面があったなんて。
言うまでもなく、その日から私はフリーになりました。

同じような願望がある人を探しにいく

腋汗フェチによる腋汗のスケベな感覚、匂いと味と染みについて

涼しい季節でも、多く汗をかく方は暖かい部屋にいると汗が出てきてしまい 自分の匂いとかが気になってしまう事ってありますよね。そんな多汗症の女性、汗を気にする女性と言うのは 薄着の季節になると腋に汗地味が出来てしまったり、普段から臭いを気にする恥じらいの姿が非常にたまりません。 アポクリン汗腺!なレベルになってしまうと匂いが気になって駄目な方もいるかもしれませんが僕としてはそれぐらい刺激的で スパイシーな女性の方が好きですね。もちろん、匂いとか自覚を持っていて恥じらってくれる女性ならベストです。

衣服から滲む汗染みの魅力

白いブラウスにつく汗染み、灰色のシャツで濡れてるのが丸わかりの汗染み 愛液などの体液とは違う、普段他の人だったら絶対に出てこない所が濡れてしまっているその姿と言うのはとても僕を興奮させてくれます。 そして、そんなたっぷりじっとりとかいた汗を下で綺麗になめとらせてもらい、ちょっとすっぱしょっぱい味わいをたっぷりと堪能したい…。 腋フェチは世に多いけれど、腋汗フェチはなかなか少ないんじゃないかと思います。そもそも女性が恥ずかしがってそう言った部分を見せないように秘密にしていますから。 だからこそ、そんな女性を見つけた時、そしてその腋汗を堪能させて頂いた時の快感と感動と言うのはひとしおなんです。

これから暖かくなって薄着の季節、汗ばむ季節になりますが薄着、ブラウスなどを着た女性をじっくりと観察して腋パッドを入れている子にロックオンしたいですね。そうでなければ、マッチングなんかで汗かきな女の子、代謝が良い女の子を探したいところですがあまり素直に腋汗フェチであることを言ってしまうと引かれてしまうことも多々あります。むしろ向こうから行ってきてくれるぐらいだと嬉しいんですが、やはりそういうのを表に出そうとしないのでなかなか趣味の合う子を見つけるのは難しい。 でも味と匂いと、女性らしい恥じらいを楽しみつつその後はエッチなお汁の方でも同様に楽しむことが出来て…腋汗に魅入られると、それだけでとてもお得なものですよ。

同じような願望がある人を探しにいく

【体験】喉奥フェラと●●はセットで最強になる

ここ最近、SEXよりもフェラで射精させられたい願望が強いんです。
ひょっとこ顔を眺めたり、嗚咽のような音をきくだけで興奮度がアップし、射精感が高まります。

特にアブノーマルプレイの世界ではイラマチオがソフトSMの定番として知られています
嬉しいことにM女性だけでなくS女性の間でも喉奥フェラを快感に感じる女性が多いに増えているようなのです。

続きを読む

マッチング率上昇中のSNS

[人気]オススメ記事

脚フェチ

タイツ、美脚、ストッキングマニア推奨記事です!

サイト内検索

好きな部位やアイテムを入力!

[PR]おもらしサイト

おもらし出会いサイト おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこフェチのためのサイト

好きな画像をクリック!

自分にぴったりのフェチを詳しくチェックしてみよう!